NEWS

ニュース

令和2年度のZEH実績のご報告

お客様各位

我が国では「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH(ゼッチ)」という)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。TOYOSHIMA HOME.(トヨシマホーム)のZEH(Nearly ZEHを含む)に対する取り組みのうち、令和2年度の実績結果をまとめましたので公開いたします。

令和2年度は、受託棟数は前年度に比べて減少しましたが、引き続きZEH及びZEH Nearlyの普及に力を入れてゆきたいと考えます。

2025年までにZEH普及目標50%以上とします。また弊社はBELS工務店として、BELSの全棟表示を将来目標に掲げ、取組みを行っています。                

以下は、受注する住宅のうちBELS表示を行った住宅が占める割合です。

TEL

来場予約

お問い合わせ