COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】快適なリビングにするためのポイント

家族の団欒に欠かせないリビング。お家を作る時にも、家族が集まりやすいように、コミュニケーションを取りやすいように気を配りますよね。実は快適なリビングには、家族にとって良い影響がたくさんあります。今回は快適なリビングを作るためのポイントをご紹介します。

「快適なリビング」とは?

「快適なリビング」というと、それぞれ思い浮かぶイメージはあると思いますが、「開放感のある」「明るく」「広い」といったイメージは共通しているのではないでしょうか。

暗く狭いリビングではなく、「明るさ」と「広さ」を兼ね備えた空間であり、整った家具やインテリア、演出されたカラーリングなど様々な要素を合わせたものと言えるでしょう。

「快適なリビング」にすることのメリット

コミュニケーションの場

リビングといえば、やはり家族とのコミュニケーションの場です。家族との時間、友人が遊びにきたときの時間など心地よい空間にすることでコミュニケーションが取りやすくなります。

雑然として散らかったリビングよりも、広くて開放的で調和の取れているリビングにすることで、より大切な時間を過ごす空間となります。

清潔さを保つことができる

快適なリビングだと、常にその状態を維持しようと思いキレイに保ちやすくなります。いつでもお客さんを呼ぶことができるように気を配り、日ごろから掃除や整理整頓をこまめに行うようになるため、清潔な状態を保つことができます。

「快適なリビング」にするためのポイント

これからデザインしていくリビングが、よりイメージに近い「快適なリビング」となるためのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.無垢材を使おう

注目したいポイントの一つは「無垢材」です。無垢材とは、木材を切り出し、余計な加工を加えず自然な味わいを楽しむことができる建材のことです。無垢材を使用することで、リビング全体に温かみや風合いを演出することができます。長年住めば済むほど、素材の味わいが増していくのも楽しみですよね。また無垢材には断熱力があり、夏は涼しく冬は暖かいといった快適な空間へと導いてくれます。

2.壁を少なくしよう

リビングに開放感を得るための方法として、壁を少なくすると良いでしょう。壁があることで空間が遮られてしまい、部屋が窮屈に感じることがあります。リビングのレイアウト、インテリアをより魅せるためにも壁はなるべく作らないように設計してください。また、小さいお子様がいる家庭はリビングの一鶴に畳コーナーを作るなどするとリビングがさらにおしゃれな空間へと生まれ変わります。

3.庭とリビングの一体化を意識しよう

「快適なリビング」作りのために、リビングと庭がつながるように設計するのもおすすめです。窓を大きくすることにより、開放感が増しリビングが広くなったようにかんじることができます。普通ならリビングから庭に行くために段差がありますが、段差をなくし庭とリビングを一体化しているように見せるのも良いでしょう。

家族の集まる素敵なリビングを作ろう

いかがでしたか。リビングは家族が集まる空間だからこそ、こだわりたい部分でもありますよね。もちろん、家の間取りによっては難しいこともあるかもしれませんが、ぜひ検討してみてください。家族のことを思ってデザインしたリビングは、素敵な空間と時間を提供してくれますよ。

おすすめ記事

【家づくりのこと】使いやすいキッチンはここが違う!家づくりで押さえておきたいポイント

【家づくりのこと】使いやすいキッチンはここが違う!家づくりで押さえておきたいポイント

【家づくりのこと】30坪の家を広く見せるコツ

【家づくりのこと】30坪の家を広く見せるコツ

【暮らしのこと】大人気の対面キッチン!使い勝手を良くする収納のポイントとは?

【暮らしのこと】大人気の対面キッチン!使い勝手を良くする収納のポイントとは?

TEL

来場予約

お問い合わせ