COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】新築間取りで意識すべき風水は?鬼門対策も解説

新築を建てるときに風水を意識して、間取りを決めると家運が良くなることを知っていますか?いったい家の間取りをどのようにすれば、家運が良くなるのでしょうか。今回は、「新築間取りで意識すべき風水」についてご紹介します。

新築間取りで意識すべき風水

新築の間取りを決めるときに意識すべき風水があります。これから間取りを決める方は、風水を勉強してから決めると良いでしょう。

避けたい方角

家の間取りで避けたい方角があります。避けたい方角は、北東、南西です。一般的に北東は鬼門と呼ばれ、南西は裏鬼門と呼ばれています。また、トイレ、玄関、台所は三備と呼ばれていて、鬼門と裏鬼門の配置にならないようにした方がいいです。

玄関は運気が入ってくる

玄関は運気が入ってくるため、悪い気を溜めないようにする必要があります。玄関の吉方位は、東、東南、南です。運気が入ってくるため、できる限り良い方位に配置することが大切です。

居間は日光が当たること 

居間が日光の当たる場所だと陽の気を取り込み、家族の運勢に多くの影響を与えます。そのため、居間の配置を決めるときは日光が当たることを確認してから決めるようにしましょう。居間の吉方位は、東、東南、南です。また、居間から他の部屋に行くことができると陽の気が他の部屋に届きます。

水を使う設備

水を使う設備は、悪い気が溜まりやすいです。そのため、できる限り風通しの良い場所に配置することです。また、水を使う設備の方角は、西、東、東南、北がオススメです。なお玄関の近くに水を使う設備を作ることは良くありません。

鬼門対策方法

玄関やトイレなどが鬼門になってしまったときに行う対策方法があります。対策を行って運気を上げましょう。

玄関

玄関が鬼門になった場合は、綺麗に掃除を行い、照明を取り付けて明るくすることです。掃除が綺麗にできていないといけないため、日頃から掃除を行うようにしましょう。なお玄関に靴を置く場合は、綺麗に並べることが大切です。また、今年の干支の物を置くとより効果的です。

台所

台所が鬼門になった場合はよく換気を行い、風通しを良くすることです。そのため、料理を行っている最中に換気扇を回したり、定期的に窓を開けたりして換気を行いしましょう。
また、食器を汚れた状態で放置と風水では良くないことにあたるため、日頃から食器は綺麗な状態で保つことが大切です。台所で使うゴミ箱は、フタ付きを使うと良いでしょう。

トイレ

トイレが鬼門になった場合は、綺麗に掃除を行うことと使うとき以外は、フタを閉じておくことです。
また、上記のほかに定期的に換気を行うこととトイレマットやスリッパを使うと良いでしょう。

鬼門対策を知っておこう

今回は、「新築間取りで意識すべき風水」について紹介しました。間取りを決めるときは、ある程度風水のことを知ってから決めると良いでしょう。また、鬼門対策方法もしっかりと押さえておきたいですね。

おすすめ記事

【家づくり】鬼門のある部屋でやったほうがいい対処法

【家づくり】家づくりで地味に考えたい「鬼門」とは

【暮らし】これってNG!?知っておきたい玄関風水②

TEL

来場予約

お問い合わせ