COLUMN

コラム

暮らし

【暮らし】注文住宅を建てるときの収納スペースVol.1「玄関収納とパントリー」

せっかく注文住宅を建てるなら、思い描いた理想の詰まったお家にしたいですよね。その中でもこだわりたいのが『収納スペース』という方も多いのではないでしょうか。過ごす時間の多いお家だからこそ、収納スペースの多さ、使い勝手の良さは重要です。では、実際にどのような収納スペースがあれば良いのか、おすすめの収納スペースについてご紹介します。

トピックス一覧

玄関収納


「家の顔」ともいえる玄関。いつも清潔な状態にしておきたいですよね。とはいえ、靴だけでなくベビーカー、傘、ゴルフバックといったもので玄関がいっぱいになることもあります。
そんな時に役立つのが「玄関収納」です。玄関脇にシューズインクローゼットを設置することで、玄関にあふれるものを収納することができます。

玄関収納のポイント3つ

1.広さに合わせて収納するものを決めよう
家によって玄関の大きさも変わってくるので、自然の玄関収納の広さも違います。そのため、玄関収納のスペースにどのぐらいのものが収納できるのか見極めておきましょう。物を置きすぎてしまうとすぐにあふれてしまいます。

2.収納棚の高さや奥行きを決めよう
玄関収納の収納棚は、収納するものに合わせて高さ、奥行きを考えておきましょう。大きめに設定しても良いのですが、少し圧迫感のあるような印象になってしまうので、適切な大きさにすると良いでしょう。

3.使いやすいところに作ろう
玄関収納は、動線も考えて使いやすいところに作るようにしましょう。子どもの外遊び用のおもちゃを収納する、趣味の道具を収納するなど、危なくない場所、使いやすい場所を考えておきましょう。

パントリー


キッチンに欠かせない収納が「パントリー」。パントリーとは食料品、キッチン用具などキッチン周りのものを収納するためのスペースのことです。
日常的に使用する食料品やキッチン用具だけでなく、普段あまり使用しない調理器具や什器なども収納することでキッチン周りをすっきり見せることができます。大量の買いだめにも便利ですよ。

パントリーのポイント3つ

パントリーを設置するときには、次のポイントに注意しましょう
1.適切な収納力を確保する
実際に使ってみて、パントリーが広すぎた!狭すぎた!といったことを防ぐためにも、収納予定のアイテムを把握するなど必要な広さを考えておきましょう。

2.家事動線を考えよう
せっかくパントリーを設置したのにドアの開閉が邪魔になってしまう、ということがないように、冷蔵庫やシンクの位置を確認してスムーズに移動できる動線にしましょう。

3.収納アイテムを使おう
パントリーを使いやすくするためにも、既存の棚だけでなく収納アイテムを使用し、ラベルシールを貼るなど一目で何が入っているか分かるようにしておきましょう。

TEL

来場予約

お問い合わせ