COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】最近よく聞くZEHって?

マイホームを建てるときによく耳にする「ZEH(ゼッチ)」。光熱費を抑えることができる、補助金がある、といった話も良く聞くのではないでしょうか。そもそもZEHって何?と思っている方も多いのでは?今回はZEHのメリットなど詳しくご紹介します。

ZEHって何?

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略であり、一言でいうと「省エネ住宅」のことです。これまでの住宅だと、冷暖房や給湯、照明などでエネルギーを使う住宅でしたが、ZEHは冷暖房や給湯といったエネルギーを削減するし、新たにエネルギーを創り出す住宅となります。

ZEHのポイント3つ

ZEH住宅を建築する場合、建築スケジュールと補助金のスケジュールが合えば、補助金の対象となります。補助金の対象となるためには、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つの要素について細かな要件が定められています。

断熱

ZEHとして認められるために欠かせないのが「断熱性能」です。暑さや寒さに影響されにくいよう、窓の性能を高めたり断熱材を使用します。断熱性能が上がることにより、夏・冬に冷暖房を使うエネルギーを減らすことができるのです。

省エネ

「省エネ」を満たすためには、住宅内の消費エネルギー、太陽光発電等で創るエネルギーを確認することができるシステム『HEMS(ヘムス)』を設置しなければいけません。また、家電もLED照明や省エネタイプのエアコン、少ないエネルギーでもお湯を効率よく沸かすことのできる給湯システムなどの導入も必要です。

創エネ

「創エネ」とは、創り出すエネルギーのことで太陽光発電などの再生可能エネルギーシステムを備えなければなりません。そして、普段の消費するエネルギー量よりも創エネ(創り出すエネルギー)量が上回るようにします。

3つのポイントをまとめると
「断熱」することでエネルギーの消費量を減らし、家電を省エネ対応にすることでエネルギー消費を抑え、太陽光発電などで消費エネルギーを上回るようエネルギーを作りだすということです。

ZEHの種類

ZEHと一言でいっても、現在では一戸建ての場合次の3種類に分かれます。どのZEHを取り入れても、補助金制度は適応されます。

※2・※3
上記の条件に加え、以下の中から2項目以上クリアする
(1)断熱性能の更なる強化
(2)HEMSにより太陽光発電等の発電量を把握し、住宅内の冷暖房、給湯設備等を制御可能
(3)太陽光発電など再生可能エネルギーシステムより電気自動車等に充電可能

ZEHは「光熱費0円の家」ではない

ZEHにすることで、消費エネルギーより創り出すエネルギーが大きくなる、と聞くと「光熱費0円」と考えてしまいます。しかし、注意したいのはエネルギーがゼロになるからといって、費用までゼロ円になるわけではない、ということです。

削減目標となっているエネルギー消費量の中には、テレビや冷蔵庫といった家電の消費量は含まれていません。また、電力会社やガス会社の契約内容、料金プランによっても光熱費は変わるため、光熱費ゼロになるというわけではありません。

しかし、ZEHによって光熱費はかなり抑えられ、黒字になる家庭も多いことも特徴です。

ZEHの補助金を受ける時のポイント

ZEHを建てるときには国から補助金がもらえる、という話をしましたが、注意点があります。

建設会社を選ぼう

ZEHを建てて国から補助金をもらうためには、登録されたZEHビルダーやZEHプランナーを利用して建てなければいけません。ZEHビルダーとはハウスメーカーや工務店を指し、ZEHプランナーは建築事務所等です。認定されたZEHビルダー/ZEHプランナーを利用して建てることで補助金の対象となります。認定していない会社を利用すると、補助金を受け取ることができません。
TOYOSHIMA HOME.(豊嶋建設)は、ZEHビルダーとして認定を受けた会社です。安心してご相談くださいね。

TEL

来場予約

お問い合わせ