COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】後で困らないために!夫婦名義の家にするメリットとデメリット

夫婦でマイホームを購入する場合、どちらの名義で登記する予定ですか?夫のみ?妻のみ?またそれぞれの名前で夫婦名義にしますか?今回は後で困らないようにするための名義についてご説明します。

名義の登記種類

登記する場合、単独名義と共有名義があります。それぞれ何が違うのか、説明します。

単独名義について

単独名義とは、一人の名義で登記することです。夫のみの名義、妻のみの名義の場合であり、例えば夫の名義で住宅ローンを組み家を購入した場合には、不動産の登記名義は夫単独となります。

共有名義について

共有名義とは、夫婦2人の名義で登記することです。家を購入する際に出資した割合に応じた持ち分で登記をします。例えば、3000万円の家を購入する際に夫1500万円、妻1500万円出し合うとそれぞれ2分の1の持ち分で共有名義となります。

共有名義にするときの注意点

共有名義は、出資した割合に応じた持ち分で登記をします。仮に出資していないのに共有名義にした場合や出資した金額以上の割合で共有持ち分で登記すると、「贈与」とみなされる場合があります。必ず出資した金額の割合に応じて登記するようにしてください。

夫婦名義にするメリット

1.住宅ローン控除を夫婦で受けるとができる


共有名義で登記した場合、夫婦それぞれの収入の応じて、住宅ローン控除を受けることができます。住宅ローン控除とは、年末残高の1%が10年間減税されるというもので、所得税と住民税の減税を受けることができます。共有名義にすることで、単独名義に比べて減税額が大きくお得です。

2.節税対象になる

夫名義の単独名義で登記を行った場合、夫が死亡して相続が発生した場合には不動産評価額がそのまま課税対象となります。しかし、共有名義の場合には夫の持ち分のみが課税対象となるため相続税の節税にもなります。

夫婦名義にするデメリット

1.売却しにくい

夫婦名義で購入した物件を売却する場合、共有者全員の同意が必要です。もし離婚した場合、夫が物件の売却を希望しても妻が拒否して住み続けると、その物件を売ることはできません。共有名義から単独名義に変更する場合は、金融機関へ連絡をして承諾をもらう必要があります。

2.相続が発生した場合所有者が増える可能性がある


例えば、夫が死亡し相続が発生しますよね。夫の相続人が複数いると、契約時は夫婦二人の共有名義だったのが3~4人と増えていく可能性があります。先ほども説明したように、不動産を売却するためには共有者全員の同意が必要です。これは売却に限らず増改築も当てはまるので、一人でも同意を得られないと進めることができなくなります。

名義を決める前に相談しよう

メリットも多い共有名義ですが、その分デメリットもあります。ご夫婦で判断するだけでなく、一度ファイナンシャルプランナーや金融機関、不動産会社、建築会社に相談してみましょう。あらゆる場合を想定して、適切なアドバイスをもらうことができますよ。お家を買うときの名義は重要です。最終的にはご夫婦で決めることですが、ぜひいろんな意見を聞いてみてくださいね。

おすすめ記事

【家づくりのこと】初心者必見!注文住宅購入の流れ・ダンドリ

【家づくりのこと】初心者必見!注文住宅購入の流れ・ダンドリ

【お金のこと】気になる!マイホームを購入するのに頭金はいくら必要?

【お金のこと】気になる!マイホームを購入するのに頭金はいくら必要?

【お金のこと】教えて!ぶっちゃけ今の年収なら住宅ローンっていくらまで借りられるの?

【お金のこと】教えて!ぶっちゃけ今の年収なら住宅ローンっていくらまで借りられるの?

TEL

来場予約

お問い合わせ