COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】一度は気になる「戸建てvsマンション」!それぞれのメリットとデメリットは?

「家を持ちたい」と思っても、多くの人がまず考えるのが「マンションにしようか、一戸建てにしようか」ということでしょう。戸建てとマンション、それぞれの特徴を比較してみました。気になる方はぜひチェックしてみてください。

戸建てのメリットとデメリット

まず始めに、戸建ての場合のメリットとデメリットをみていきましょう。

戸建てのメリット

1.隣近所との音トラブルが少ない

戸建ての場合、お隣さんや近所との騒音をめぐるトラブルが少ないといえます。下の階の人へ音を気にしたり、赤ちゃんの泣き声など神経質になることも減ります。

2.管理規約での制限がない

マンションの場合、多くの規約がありますが、戸建ての場合だと制限されることもほとんどなく、犬種関係なくペットを飼うことができます。

3.毎月かかるコストが低い

戸建てには、マンションのように管理費や修繕積立金がありません。月々の負担は家賃のみとなりますし、駐車場t代もかからないのもお得です。

戸建てのデメリット

1.建物の修繕が高い

戸建ての場合、建物が傷んだり水回りに修理が必要となると、設備を維持するためにまとまった費用が必要となります。月々積み立てるわけではありませんが、いざというときに大きなお金が動くこととなります。

2.防犯面が弱い

マンションの場合だと、防犯カメラがあったりオートロックであったりと、防犯上の安心感も高いのですが、戸建ては、各自で防犯対策をしなければいけません。玄関や窓もすべて施錠する必要がありますし、管理員もいないので、ご自身で防犯グッズを揃えなければなりません。

3.共有施設がない

大規模マンションによくあるパーティルームやキッズルームなどの共有施設は戸建てにはありません。友人同士で集まるときなど、自宅で準備をしないといけません。

マンションのメリットとデメリット

次にマンションで住むメリットとデメリットをご紹介します。

マンションのメリット

1.共有部の管理

マンションは管理会社が入っているため、エントランスや共有廊下などは管理会社が清掃をしてくれます。また24時間いつでもごみを出すことができる物件も増えているため、生活がさらに便利になっています。

2.防犯上の安全性が高い

多くのマンションはエントランスがオートロックになっており、防犯カメラも付いているなど、防犯対策がしっかりとされています。不審者の侵入もある程度防ぐことができるので安全性も高いといえます。

3.コミュニティが形成されやすい

ファミリータイプの新築マンションだと、入居する世代は同世代になることが多く、子どもを介して交流が生まれ、コミュニティが形成されやすくなります。

マンションのデメリット

1.住民トラブルが発生しやすい

マンションで暮らす場合、気を付けたいのが住民との音トラブルです。生活音や足音がひびきやすい物件だと、上下左右の居住者とのトラブルが起きやすくなります。夜遅い時間には大きな音はたてないなど、配慮は欠かせません。

2.管理費や修繕積立金が必要

戸建てと大きく違うのが、管理費や修繕費の積み立てで毎月家賃とは別に費用が発生することです。マンションによって金額は違いますが、1ヵ月2万円以上かかることもあるので、購入時にはしっかり確認しておきましょう。

3.駐車場代が必要

車を使用する場合には、マンションでは駐車場代も必要となります。立体駐車場を設置している場合もありますが、その場合の維持管理にもお金がかかってきます。

ライフスタイルに合う家を選ぼう

戸建てにもマンションにも、それぞれにメリットとデメリットがあります。ご自身のライフスタイルに合わせて、快適に過ごせる家や環境を選択するようにしてくださいね。

おすすめ記事

【家づくりのこと】初心者必見!注文住宅購入の流れ・ダンドリ

【家づくりのこと】初心者必見!注文住宅購入の流れ・ダンドリ

【家づくりのこと】平屋を建てたい!メリットとデメリットは?

【家づくりのこと】平屋を建てたい!メリットとデメリットは?

【暮らしのこと】一戸建ては狙われやすい!?防犯対策をしっかりしよう

【暮らしのこと】一戸建ては狙われやすい!?防犯対策をしっかりしよう

TEL

来場予約

お問い合わせ