COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】ハウスメーカー&工務店の違いを徹底比較!

家を建てると決めたら、さまざまな展示場に足を運びますよね。そこで気になるのが「ハウスメーカーと工務店、何が違うの?どっちに頼んだらいいの?」ということです。そもそも、ハウスメーカーと工務店の違いはなんでしょか。今回はハウスメーカーと工務店の違いを徹底比較!ぜひ参考にしてくださいね。

ハウスメーカーと工務店の違い

一般的にみれば、ハウスメーカーはチョイス型、工務店はオーダーメイド型と言えますが明確な違いはありません。会社のタイプも様々でハウスメーカーの中にも「〇〇工務店」という社名の会社もあるほどです。その中での違いを説明します。

ハウスメーカーについて

基本的に全国展開をしているのがハウスメーカーで、商品として規格化されたラインナップがあります。「~シリーズ」というものですね。その中から好みのタイプを選び、カスタマイズして家を作ります。

工務店

工務店は地域密着型であり、全国展開のハウスメーカーに比べて小規模な会社が多いとされています。規格化はほとんどなく、家の要望を聞きながらお客様に合わせた家をゼロから作っていきます。

簡単にまとめてみました。

ハウスメーカーと工務店のメリット・デメリット

ハウスメーカーと工務店のメリットとデメリットについてまとめてみました。これがすべて、とは言えませんが、あくまでも参考としてください。

ハウスメーカーと工務店の値段について

お家を建てる建設費などは、どんな家を建てるかにもよってくるので一概には言えないでしょう。一般的には工務店の方がハウスメーカーより安価だといわれています。それは、工務店は広告宣伝費をかけていないために建設費に広告宣伝費が含まれていないからです。ただ、ハウスメーカーでは「企画住宅」で、規定通りの間取りだと安いケースもあります。

限られた予算の中でこだわりの家を建てたい、希望の家を建てたいというときは工務店のほうが融通が利くことが多いかもしれません。
また、ハウスメーカーには建築後も24時間対応のコールセンターを設けている会社もあり、トラブルが起きたときに即対応してくれるなどアフターフォローもしっかりしているケースもあります。
お家は家族が一生住む場所です。長い目でみて、金銭面だけでなくアフターフォローも部分まで考えて選びましょう。

優良な工務店を見極める方法

では、優良な工務店を見極めるポイントは何でしょうか。次のチェックリストに当てはまるかどうか確認しておきましょう。

1.住宅完成保証制度に加入しているかどうか
2.一級建築士や二級建築士、一級施工管理技士などの有資格者の在籍数
3.ホームページがしっかりあり、定期的に更新されているかどうか

住宅完成保証制度とは
会社が万が一倒産した場合にも、別の建築業者や工務店に引き継がれ、その際に生じた追加費用や前払い金が保証される制度です。制度に登録をするためには、経営状態など厳しい審査があるので、住宅完成保証制度に加入している工務店は信頼性が高いといえます。

迷ったときはご相談を

ハウスメーカー、工務店ともにさまざまなメリットとデメリットがあります。そのため、ぜひTOYOSHIMA HOME.へご相談ください。どんな家にしたいのか、どのような保証があるのか、など金額も含めてお客様の要望に合わせれご提案させていただきます。気軽にお越しくださいね。

おすすめ記事

【家づくりのこと】いまさら聞けない…注文住宅と建売住宅の違いとは?

【家づくりのこと】いまさら聞けない…注文住宅と建売住宅の違いとは?

【家づくりのこと】平屋を建てたい!メリットとデメリットは?

【家づくりのこと】平屋を建てたい!メリットとデメリットは?

【家づくりのこと】初心者必見!注文住宅購入の流れ・ダンドリ

【家づくりのこと】初心者必見!注文住宅購入の流れ・ダンドリ

TEL

来場予約

お問い合わせ