COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】コロナで変わる!家の間取りの新常識

新型コロナウイルスによって、必然的に増えた「おうち時間」。仕事はリモートワークで、学校の授業はオンラインで、飲み会もオンライン…。このような状況から、最近では一戸建ての需要が高まっています。そしてやってくる「withコロナ時代」は、お家の間取りも以前とは大きく変わると予想されます。今回は、これからの新しい家の間取りについてご紹介します。

家づくりでの間取りのポイント

これから家づくりを始める人にとって「コロナ前」ではそこまで重要視しなかったことでも、積極的に取り入れるようになっています。コロナ禍での家づくりの間取りのポイントをご紹介します。

①清潔性

まずはなんといっても「清潔性」です。今や当たり前となった「手洗いうがい」。ウイルスをキッチンやリビングに持ち揉まないためにも、入る前には手洗いうがいを済ませれる動線を望む人も多くなってきています。

帰宅後、すぐに手を洗えるよう手洗い洗面の位置もポイントです。小さい子どもなど、手洗いの習慣をつけるためにも玄関付近に手洗い洗面を設置すると良いでしょう。また、玄関にはクロークを設置するお家も増えていますコートや上着をかけることで、花粉や雑菌を家の中に持ち込まないようにするためです。<br>
家庭内のキッチンやリビングを清潔に保つためにも、手洗いうがいをする場所、クロークなど動線を考えることをおすすめします。

②書斎

新型コロナウイルスにより、テレワークが日常になっている人も多いと思います。この流れは、今後も続くと言われていますよね。しかし、自宅で仕事をするとなると、やはり落ち着いて集中できる場所が必要です。1坪程度の部屋があれば、ワークスペースとして使用できますが、こもりっきりになってしまうと家族も気になります。書斎を持ちながら、キッチンカウンターやLDKの一部などオープンの作業スペースを併設するのもおすすめです。

また、子どももオンライン学習が進んでいるため、フレキシブルに間取りの変更ができる設計にしておくと良いですよ。その際には、複数の電源、照明の設置ができるようにしておくと便利です。

③宅配ボックス

今人気の宅配ボックス。これまでは、不在時の受け取りに便利なため導入する家庭も多くありましたが、今では対面しなくてもいいという理由で重宝されています。宅配ボックスは、ネットショッピングなどのお買い物だけでなく、食事のデリバリーにも使用できるので、とても便利ですよね。

④趣味を楽しむ

「おうち時間」が長くなったコロナ禍で、ステイホーム中でも趣味を楽しんだり、運動をしたりという人も多くなってきました。プライベートが守られる広いバルコニーで、風にあたりながらのんびり読書をしたり、BBQをしたり。庭のあるお家では、家庭菜園をすることもできますよね。

 

過ごしやすい間取りを考えよう

これまでは夫婦二人が外に働きに出ることが前提の場合が多く、そのため家族の時間を多く取れる広いリビングを望む声がたくさんありました。しかし、家族みんなが家にいる時間が多いとなると、それぞれのプライベート空間も重要となってきます。暮らし、仕事、趣味を家で行うために、快適に生活できる間取りにする必要があります。
TOYOSHIMA HOME.(トヨシマホーム)では、様々な要望を受けた間取りの作成も可能です。是非一度ご相談ください。

おすすめ記事

【家づくりのこと】出勤するよりはかどる?!集中できるテレワークスペースづくり

【家づくりのこと】出勤するよりはかどる?!集中できるテレワークスペースづくり

【家づくりのこと】コロナ時代には見逃せない!テレワークを考えた家づくりをしよう

【家づくりのこと】コロナ時代には見逃せない!テレワークを考えた家づくりをしよう

【暮らしのこと】いまさら聞けない…最近よく聞くテレワークって?

【暮らしのこと】いまさら聞けない…最近よく聞くテレワークって?

TEL

来場予約

お問い合わせ