COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】ビルトインガレージのメリット・デメリットを徹底比較

近年、人気が高まっているビルトインガレージ。土地を有効活用しやすく、使い勝手が良いため、検討している人も多いのではないでしょうか。「ビルトインガレージを建てるメリット・デメリット」についてご紹介します。

ビルトインガレージって何?

ビルトインガレージとは、車を駐車するスペースを建物の一部に組み込んだものを指します。シャッターやドアを設置して、基本的に建物の1階に作ります。

ビルトインガレージを建てるメリット・デメリット

ビルトインガレージを建てると、さまざまなメリットやデメリットがあります。これから紹介するメリット・デメリットを押さえたうえで、自分が理想としているおしゃれなビルトインガレージを建てましょう。

ビルトインガレージを建てるメリット

普通の家とは違ったメリットが、さまざまあります。メリットは、敷地が狭くても駐車場を確保できる、出入口があれば雨に濡れずにすむ、間取りを決めやすいなどといったメリットがあります。

敷地が狭くても駐車場を確保できる

家の中に駐車場があるため、敷地が狭くても駐車場を確保できます。そのため、敷地が狭くて駐車場の確保が難しいという方にオススメです。

また、普通の家と違って容積率の緩和を受けることができます。容積率の緩和を受けることができると広い家を建てられます。

出入口があれば雨に濡れずにすむ

出入口があれば雨が降っている最中でも、雨に濡れずに家に入ることができます。そのため、家に入るときは出入り口から入ることができるため、荷物などが濡れずにすみます。

間取りを決めやすい

1階は車の駐車場を作り趣味の部屋として使い、2階以上はリビングなどにするなどといったように間取りを決めやすいです。そのため、家の中で自分の趣味を楽しみつつ、理想の暮らしを実現することができます。

また、家の別にガレージを建てるときは、基礎代が掛かってきますが家の中に駐車場を作るため、家の基礎代だけの費用で済みます。

ビルトインガレージを建てるデメリット

ビルトインガレージは、メリットがある一方でデメリットがあります。デメリットは、1階に居住スペースを設けづらい、シャッターや車から発生する音に気をつける必要があるなどといったデメリットがあります。

そのため、デメリットをしっかりと押さえておく必要があります。

1階に居住スペースを設けづらい

1階は駐車場になるため、1階に居住スペースを設けるときは広い土地が必要になります、なお、土地が広くない場合は居住スペースが2階以上になる場合があります。そのため、1階に居住スペースを設けたい方は、間取りを考える必要があります。

シャッターや車から発生する音に気をつける必要がある

家の中で、車のエンジンをかけるとエンジンの音が反響したり、シャッターを巻き上げるときに音が発生する場合があるため、気をつける必要があります。なお、音を気にする方は、音が発生しづらいシャッターを選ぶと良いでしょう。

ビルトインガレージのメリット・デメリットを検討しよう

今回は、「ビルトインガレージを建てるメリット・デメリット」について紹介しました。ビルトインガレージを建てるときには、メリット・デメリットをしっかりと押さえておくことが大切ですよ。しっかり話し合って検討してくださいね。

おすすめ記事

【家づくり】駐車スペースだけじゃない!ガレージの有効活用

【家づくりのこと】30坪の家を広く見せるコツ

【家づくり】ステイホームが楽しくなる、おすすめ家づくり

TEL

来場予約

お問い合わせ