COLUMN

コラム

暮らし

【暮らし】寝室の風水で運気上昇! ベッドの位置や色使いのポイントをわかりやすく解説

風水では「寝床学(しんしょうがく)」といって、寝ている環境を重視します。古くから、人の運は寝ている間に作られるという考え方がありますが、現代でも寝室の環境を整えることで、運気が上昇すると言われています。ベッドの位置や色使いに風水を取り入れて、運気を上げましょう!

運気を上げるベッドの位置

寝室は、一日の疲れを癒す大切な場所です。寝室のどの位置にベッドを置くかによって、運気が上がる場合と下がる場合があります。ベッドは、壁や窓から15~20㎝くらい離して、寝室の真ん中に置くのがベストです。

お悩み別おすすめのベッドの方角

寝つきが悪く熟睡できない方:ベッドを北向きに配置してみましょう。
仕事運を上げたい方:ベッドを東の方角に配置するとよいでしょう。
商売繁盛を願う方:ベッドを西の方角にしてみましょう。
対人関係を良くしたい方:南の方角が適しています。

運気を下げる避けたいベッドの位置

寝室に入ってすぐのところやドアの真正面にベッドがあると、運気が下がると言われています。特に頭がドアの方に向いていると、眠っている間も緊張感が取れず、悪い気の影響を受けやすくなります。

運気を上げるベッドの種類や色

風水上では、ベッドは自然な風合の木製が最適と言われていますが、木製でも黒く着色されたベッドは陰の気を誘うと、敬遠されています。風水的に見た場合、長年黒いベッドに寝ていると、その人が持っている本来の運気を下げると言われています。

しかし、無理に買い替える必要はありません。黒いベッドなら、キャメルやベージュなどの安定感のある色のベッドカバーで覆うと、運気は上がります。

風水の良い点は、必ず対処の仕方があることです。

運気を上げる寝具の色使い

風水では、寝室のインテリアはアイボリーやベージュ、キャメルなどの淡い色を選ぶと吉と言われています。目的別なら、健康運を望むならグリーン系、恋愛運アップを望むならピンク系、金運アップならイエロー系、仕事運ならオレンジ系などがおすすめです。

寝室全体を同色でまとめずに、例えば枕カバーや足元のラグなどに自分がアップしたいラッキーカラーをポイント的に使うとよいでしょう。その際は蛍光色など刺激が強い色でなく、ソフトで優しい色目を選ぶことをおすすめします。

運気を下げるベッドのまわりの小物たち

ベッドのまわりにぬいぐるみをたくさん置くと、良い気をぬいぐるみが吸収してしまうと言われていますが、ぬいぐるみは悪い気やほこりもいっぱい吸っており、人の体の健康面にも害を与えることもあります。

どうしてもおきたい場合は、常に清潔な状態にしておきましょう。

また、ドライフラワーやアートフラワー、プリザーブドフラワーを寝室に飾るのは風水上ではNGになります。なぜなら生気が宿っていないうえ、ぬいぐるみ同様、悪い気やほこりをいっぱい吸っているからです。風水の基本は「余計なものを排除して、気の通りをよくすること」といったごくシンプルな考え方です。

寝室を清潔に保とう

寝室には不必要なものは置かず、換気をして清潔を保つことが運気を上げるコツです。ベッドの位置や色使いに風水を取り入れても、日中は仕事などで家にいないからといって、朝目覚めた後、寝室のカーテンをすべて閉めたままにせず、かならず窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。

寝ている間に体からは陰の気が出ていますが、窓を開けることで陽の運気を招き入れることがとができます。寝室は、いつもさわやかな状態にしておきましょう。

おすすめ記事

【家づくりのこと】やっぱり気になるマイホームの基本風水

【家づくりのこと】やっぱり気になるマイホームの基本風水

【家づくり】新築間取りで意識すべき風水は?鬼門対策も解説

【家づくり】家づくりで地味に考えたい「鬼門」とは

TEL

来場予約

お問い合わせ