COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】子ども部屋はどんな色?子どもの性格に合わせてコーディネートしてみよう!

感覚が敏感な子どもだからこそ、きちんと整えてあげたいのが「子ども部屋」です。特に部屋の色による影響は大きいといわれており、意識したいところです。今回は子ども部屋のおすすめカラーコーディネートをご紹介します。

ブルー系

おしゃれなブルー系のカラーです。青色には、集中力をアップさせる効果もあり、勉強する環境にはおすすめです。しかし、青は体感温度を低くさせる効果かがあるので、アクセントに赤色を取り入れるなど工夫してみましょう。

ピンク系

女の子が大好きなピンク系のお部屋です。ピンク一色にしてしまうと甘すぎるので、グレーやモノトーンのアクセントを入れることで、可愛さの中にも大人っぽさが見え隠れしますよ。

グリーン系

グリーンには、集中力をアップし冷静さを保つ効果があります。目に優しくリラックス効果も期待できます。今、子ども部屋に黒板を取り入れるのも人気ですよ。また、他の色とも馴染みやすいのでインテリアも置きやすいです。

イエロー系

元気いっぱいなカラーであるイエローやオレンジは、活気あふれる部屋になります。好奇心旺盛な性格のお子さんにはぴったりですね。ホワイトやターコイズブルーといったアクセントカラーとなる家具を取り入れてみるのもいいかもしれません。イエロー系の壁紙はサンプルのバリエーションも豊富なので、ぜひお気に入りのものを探してみてください。

ブラウン系

大人っぽいブラウン系の部屋は、ナチュラルな着の家具でそろえると良いでしょう。ブラウンには安らぎ、安定、調和といったイメージがあり、温もりがあり落ち着きのある部屋になります。

ホワイト

シンプルにホワイトベースにするのもおすすめです。家具の色とも馴染みやすく、カラフルなおもちゃを使うことで、より色を意識することとなります。大人になったときも使いやすいですよね。また、ホワイトには部屋を広く見せる効果があり、清潔感もあります。ただし、傷や汚れが目立ちやすくなるので、気を付けましょう。

子どもと一緒に作ってみよう

子ども部屋は子ども自身が一番多くの時間を過ごす場所になります。そのため、親の独断で決めてしまうよりも、子どもの意見も取り入れながら一緒に作っていくようにしましょう。そうすることで、子ども自身も部屋に愛着がわきます。また、壁紙だと将来貼り替えも視野に入れることで、さらに選択肢が広がりますね。子どもならではの部屋をぜひ作ってあげてください。

おすすめ記事

【子育てのこと】片付けが楽しくなる!子供部屋の収納のコツをご紹介

【子育てのこと】片付けが楽しくなる!子供部屋の収納のコツをご紹介

【暮らしのこと】新築の『収納スペースの取り方』を知ろう!

【暮らしのこと】新築の『収納スペースの取り方』を知ろう!

【暮らしのこと】大人気の対面キッチン!使い勝手を良くする収納のポイントとは?

【暮らしのこと】大人気の対面キッチン!使い勝手を良くする収納のポイントとは?

TEL

来場予約

お問い合わせ