COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】おしゃれインテリアの立役者「ダウンライト」とは?

部屋をおしゃれに見せたいなら、ダウンライトを導入するのがおすすめです。しかし、やみくもにダウンライトを導入しても部屋がおしゃれになるわけではないので、きちんとポイントを押さえて導入する必要性があります。ここでは、ダウンライトの特徴や導入するポイントについてご紹介します。

ダウンライトとは?

ダウンライトとは主に天井に埋め込まれた小型の照明器具であり、下方向を照射するのでおしゃれなムードを引き立ててくれるライトです。ダウンライトにはユニバーサル、ウォールウォッシャー、ダウンスポット、コーン、バッフルといった種類があるので、インテリアは設置する場所に応じて選ぶようにしてください。

ダウンライトの特徴とは?

ダウンライトはインテリアをおしゃれにする立役者だと言えますが、どんな特徴があるのでしょうか?他のライトより、ダウンライトは選ぶときに様々なポイントがあります。ダウンライトの特徴について、ぜひチェックしてみてください。

シンプルで目立たない

ダウンライトの最たる特徴の一つとして挙げられるのが、シンプルで目立たないことです。インテリアを考える上で、ライトが邪魔で理想的なインテリアにならないというのはよくあるケースです。

ダウンライトであれば天井に埋め込むだけでいいので、インテリアの邪魔になりません。むしろ天井にダウンライトを埋め込むことによって違ったアクセントを出すことができますし、目立たない分だけインテリアの実用性が高まります。

下方向だけを照らす

ダウンライトは下方向だけを照らすのが特徴です。一般的にライトというのは辺り一帯を照らすのが役目ですが、周りを照らしてしまうとインテリアとして成り立たなくなることもあります。

おしゃれなインテリアにするためにはライトを照らす方向にもこだわる必要性が出てくるので、ダウンライトはとても画期的なライトだと言えるでしょう。

後付けが難しい

ダウンライトの特徴は、後付けが難しいことです、ダウンライトは天井に埋め込むライトなので、後付けしようとすると天井部分の工事を行わなければなりません。どこに設置するかにもよりますが、基本的に天井部分を工事するとなると基礎や構造上の問題から理想的な位置に設置できない可能性があります。

ダウンライトを設置したいなら設計の段階で埋め込むか、埋め込むことができる天井なのか施工業者に相談することをおすすめします。

ダウンライトでおしゃれなお部屋にしよう

ダウンライトはおしゃれなインテリアにするのに活用できるライトであり、下方向に照らす性質を利用して様々なインテリアに導入できる優れものです。後付けは難しいので、設計の段階で考えておきましょう。ぜひダウンライトを取り入れて、おしゃれなお部屋にしてみませんか。

おすすめ記事

【家づくり】おしゃれにこだわるなら知っておきたい造作家具

【家づくり】最近よく聞くパッシブデザインとは!?

【暮らし】おうち時間に無理なく「丁寧な暮らし」を

TEL

来場予約

お問い合わせ