COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】意外と知らない!リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとは、現在のお住まいをかなりの規模で改造することで、住まいの性能を高め価値を上げることを言います。一方リフォームとは、老朽化した建物をなるべく新築に近いの状態に戻すことを言います。

しかし、施主が業者に依頼する際には、曖昧になりがちです。工事の規模や住まいの性能の追求性などについて、リノベーションとリフォームの違いを知っておくことで、改装や改築時の参考になります。

この記事では、知っているようで意外と知らないリノベーションとリフォームの違いについてお伝えします。

リノベーションとリフォームの比較

リノベーションにするかリフォームにするか悩んだ時は、現状のマイナスの状態の住まいを当初取得した状態に戻すことを目的にするならリフォームを、新たな機能を付け加えたり内装や外装を大幅に変更したいならリノベーションにしましょう。

住宅取得時には満足していたものの、家族が増えたり、キッチンが使いづらいなどライフスタイルが変わると、何かと不都合が出てくるものです。

リノベーションする場合は工事の規模が大きくなり、工期も長くなる上、費用面も高くなります。リフォームはリノベーションに比べ、工期も短く予算も少な目になることが多いようです。

一からは始めるリノベーションと現在の住居をリノベーションする場合の違い

中古住宅やマンションを購入してリノベーションする場合と、新築住宅や新築マンションを購入して築年数が経過し、住環境を大幅に改造したい場合のリノベーションのすすめ方は違ってきます。

新たに中古住宅やマンションを購入してリノベーションする場合は、まずは通勤や通学など条件に合った土地や住まい探しから始める必要があります。

新築の住宅やマンションを購入してリノベーションする場合は、もし大幅な変更なら一時的に仮住まいを探して、簡単な引っ越しをする必要も出てきます。

いずれにせよリフォームだと住みながら改装することが可能なのに比べ、リノベーションだと大がかりな施工になってしまいます。

リノベーションとリフォームのメリットとデメリット

リノベーションにかかる費用は、どこをどうするかによって大幅に違ってきます。リフォームの場合は、例えばキッチンやトイレ、風呂などを入れ替えるなら、前もって価格を調べ予算を立てることができます。

しかし、リノベーションの場合で間取り変更などでデザイナーさんどに依頼する場合は、始めから予算を組んでおかないと、思っていた以上の費用になることが多いようです。

また、中古の戸建て物件をリノベーションする際には、耐震工事が加わることもあるので、概算や見積もりを取り、十分検討してから契約するようにしましょう。

リノベーションとリフォームのローンについて

リフォームローンは増改築や修理、お風呂やキッチンの設備交換などを行う場合に利用できます。リノベーションに関して使えるローンは、リフォームローンと住宅ローンの2つです。現在住んでいる自宅をリノベーションする場合や中古物件を購入してリノベーションをする場合にも利用できます。

リノベーションやリフォームで快適に過ごそう

新築住宅も年数を経るごとに傷んできますが、適切な時期にリノベーションやリフォームを行うと快適な暮らしを維持することができます。

また近年、中古物件を購入して大幅にリノベーションをする人も増えていますが、リノベーションとリフォームの違いを知っておくことで、スムーズに希望する住まいを手に入れることができます。

おすすめ記事

【家づくり】最近話題の「きれい除菌水」をとことん解説

【家づくり】ハウスメーカー&工務店の違いを徹底比較!

【家づくり】高性能住宅を検討の方必見!「UA値・C値・Q値」とは

TEL

来場予約

お問い合わせ