COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】使いやすく快適に!注文住宅を建てるうえで知っておきたいトイレの基本

家づくりの際にリビングルームやキッチンの位置などにこだわる人は多くても、トイレの設置場所は軽視しがちです。トイレの位置や数、種類は家族構成によっても違ってきますが、トイレの音や臭いが遮断でき、動線を乱さないことがトイレの設置場所の基本です。ここでは、知っておきたい「トイレの基本」をご紹介します。

近年人気のタンクレストイレのメリットやデメリットなども併せてお伝えしますので、ぜひチェックしてください。

やってはいけないトイレの配置

一般的にトイレに必要な面積は、畳にすれば1畳前後と言われています。この空間を快適にするには、事前に避けたい配置を知っておく必要があります。また、家族構成によってトイレを何基にするか、どんな種類にするかも検討しましょう。

こんなトイレは嫌だ!

トイレに関する考え方は人それぞれで、自分の家なのでどこに配置しようと問題はないのですが、トイレの音が気になったり、キッチンのすぐ近くでトイレの臭いが気になるような配置は後悔するに違いありません。

また、たとえ家族とは言え、誰かの寝室のすぐ近くにトイレがあると、夜中のトイレにも気を使ってしまいます。その他にも玄関から見える配置のトイレも、来客で家族が対応中だと使いにくいこともあります。

快適で経済的なトイレとは?

将来的に4人家族以上で暮らすなら、トイレは1階と2階の両方にあるのが理想的です。一日の始めは、ゆとりをもって出かけたいものですが、通勤や通学前のトイレ待ちは焦ってしまい、体調にも精神的にもよくありません。

トイレを1階と2階に設置する場合は、上下階共に同じ位置に配置すると費用面で多少抑えることができます。

タンク付きトイレとタンクレストイレはどっちがお得?

通常のタンク付きトイレでは奥行きが75cm程度ですが、タンクレスでは10cmほど小さくなります。タンクレスに比べると、タンク付きトイレの方が一般的には値段が安いものが多いもののタンク付きトイレにも高額な商品があるので、一概にどちらがお得とも言えません。

それぞれメリットやデメリットがあり、タンクレストイレはコンパクトで掃除がしやすいといったメリットがありますが、水圧が低いとうまく機能しない、停電時に使いづらなどといったデメリットもあります。

しかし、最近のタンクレストイレには水圧の弱さを補うブースターや小さなタンクが内蔵されており、水圧対策が進んでいるため、水圧に関してはそれほど心配することもないようです。

その他のデメリットとしては、タンクレストイレはウォシュレットが一体型になっているのでウォシュレット部分だけの交換ができないことや、別に手洗器を設置する費用が必要なこともデメリットかもしれません。

一方、タンク付きトイレのメリットは、水圧を気にする必要がないことや停電時も使えることですが、タンクの分だけ場所をとるうえ、タンクのまわりの掃除も大変です。

「タンク付きトイレとタンクレストイレはどっちがお得?」かといえば、正直言って好みの問題です。

初期費用はタンクレストイレの方が幾分高くつきますが、メーカーによっては節水や節電技術が搭載されている機種もあり、従来型のタンク付きトイレに比べ水道光熱費の削減になります。

TOTO、LIXI、パナソニックのタンクレストイレの徹底比較!

TOTOやLIXI(リクシル)、パナソニックは大手のメーカーの特長や価格について徹底比較します。

TOTOのタンクレス「ネオレスト」

参照:TOTOネオレスト (https://jp.toto.com/products/toilet/neorest/

TOTOのネオレストシリーズは、タンクレストイレでは高価格ですが、節水や節電技術が搭載されているためエコに繋がります。また、ネオレストシリーズには「きれい除菌水」という機能があり、掃除の回数も軽減されます。トイレの使用前後にノズルを自動でクリーニングでき、清潔にウォシュレットを使えます。

「ネオレストDH」は【価格:324,500円~(税込)】、「ネオレストRH」は【価格:400,400円~(税込)】になります。

LIXI(リクシル)「サティス」

参照:LIXILサティス (https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

サティスシリーズは「世界最小デザイン」のタンクレストイレです。サティスシリーズの「まる洗い洗浄」は、フチの裏側まで洗浄水が回りこみ、便器内の汚れをすみずみまで洗い流します。

「サティスS」は【価格:279,400円~(税込)】「サティスG」【価格:359,700円~(税込)】になります。

パナソニック「アラウーノ」

参照:パナソニック アラウーノ (https://sumai.panasonic.jp/toilet/

「アラウーノ」シリーズは、タンクレストイレの中では比較的お手頃価格で提供されています。従来の陶器製のトイレと比べ、汚れをはじく有機ガラス系新素材が使用されていてお掃除が簡単です。

アラウーノ L150シリーズは「グッドデザイン賞」選定商品のため、機能面とデザイン面共に優れた商品で、【価格:352,000円~(税込)】New アラウーノVは【価格:173,800円~(税込)】になります。

トイレは大切な場所。しっかり検討しよう

註文住宅を建てる上でまず大事なことは、家族全員が使いやすく快適に過ごせることです。毎日の排泄は、健康を維持するうえでとても大切なことです。

その大事な空間であるトイレの位置や種類が使い勝手が悪いと、後々後悔することになってしまいます。家づくりの際は、事前に家族でよく検討するようにしましょう。

おすすめ記事

【家づくり】最近話題の「きれい除菌水」をとことん解説

【家づくり】高性能住宅を検討の方必見!「UA値・C値・Q値」とは

【暮らし】おうち時間に無理なく「丁寧な暮らし」を

TEL

来場予約

お問い合わせ