COLUMN

コラム

家づくり

【家づくり】最近よく聞くスキップフロアとは?メリット・デメリットは?

近年の新築住宅で採用されることも多いスキップフロア。壁で仕切るのではなく、床の高さを変えることで空間をつくる建築方法で、オシャレ度の高いこだわりのスペースをつくれると人気の間取りプランのひとつです。この記事では、スキップフロアのメリットやデメリットをご紹介します。

スキップフロアとは

スキップフロアとは、中2階のような床の高さを半階分ずらしてつくる空間です。斜面など高低差がある土地の段差を活かし、中2階をつくることで限られたスペースを有効に活用できます。また壁や扉で仕切らずに空間にデザイン性やこだわりを持たせながら床面積を効率的に増やすこともできます。お気に入りのホームオフィス、こだわりの趣味スペース、こどもが喜ぶ遊びの空間、収納部屋など間取りを考えるとワクワクしてきますね。

スキップフロアを選ぶ理由

スキップフロアが人気の理由、またそのメリットは何でしょうか。スキップフロアが生み出す間取りの魅力を確認していきましょう。 

段差が生み出す視覚的な広さ

高低差によって視線の抜けが良いので、空間が広く感じられ開放感のある空間に。壁もドアもないので家族との距離が近く繋がりを感じることができます。

空間の有効活用とコスト削減

3F建てにした場合、2F建てには必要のない手間や費用がかかってしまうことも。スキップフロアにすることで3F建てと同等の床面積を確保しながら費用を抑えられます。

オシャレで個性的な空間

スキップフロアは機能的、且つデザイン性や個性のある空間を生み出すことができます。住み心地の良い、遊び心のある家にしたいですよね。

風通しと採光

壁で空間を区切らないことで高低差を活かした換気、また高い位置に窓をつくることで採光を良くします。

スキップフロアの注意点

魅力的なスキップフロアですが、暮らし方や、間取りの取り方によってはデメリットになる場合もあります。

デッドスペースにしない

スキップフロアの上下どちらかは天井が低くなる場合があります。天井が低くても問題のない空間利用をイメージしておきましょう。

密閉性がない

壁や仕切りがないので開放性はありますが、壁面が少ない吹き抜けになっている場合が多く、音が筒抜けになります。また密閉性がないため、光熱費が高くなる傾向に。

生活動線と暮らし方をイメージする

段差が多くなるので小さなこどもや高齢者には向かない場合もあります。また生活動線や部屋の配置を考慮して設計しないと移動に負担がかかる間取りになる可能性もあります。

固定資産税が高くなる?

2階建ての家と比べると、価格が割高になる場合も。床面積に比例して家の資産価値も上がるので固定資産税が高くなる傾向があります。

スキップフロアで快適な間取りを考えよう

スキップフロアをつくる際はその目的や必要性を明確にしましょう。そして間取りのプランニングにはイメージの把握と綿密なプランが重要です。経験豊富な設計会社、施工会社と相談しながら快適でおしゃれなスキップフロアを実現できるとよいですね。

トヨシマホーム(TOYOSHIMA. HOME)でもご相談を承っております。ぜひ一度ご来店ください。

おすすめ記事

【家づくり】最近よく聞くパッシブデザインとは!?

【家づくり】コロナで変わる!家の間取りの新常識

【暮らし】現代建築にも取り入れたい「縁側」の魅力とは

TEL

来場予約

お問い合わせ