COLUMN

コラム

暮らし

【暮らし】風水とは違うの?「家相のいい家」にするための間取りとは

家を新築するのは大事業です。理想を追えばきりがありませんが、悪い要素をできる限り排除するには、前もって風水や家相について知っておくことです。

そもそも風水とは?家相とは?を簡単にお伝えします。後で後悔をすることがないように、風水的にも家相的にも吉を呼び込む家づくりをしましょう。

風水と家相の違い

風水は中国独自の学問で、今から約4,000年以上も前に中国で発祥した「気」の力を応用した環境学です。毛沢東時代に世界各国で広まり、日本にも風水が伝わり、おもに地相(土地の良し悪し)を判断するのに風水を取り入れることが多くなりました。風水は、その土地のパワーを取り入れて、運気を上げようとするものです。


一方家相は、多くの人の生活体験上から生まれた統計学です。各部屋に適した方位があり、それに基づいて間どりを考えて作ることで運気が上がります。

風水上から見る土地選びと、家相上好ましい各部屋の方位とは?

風水上から見る土地選び

土地を選ぶ際は、慎重に選ぶようにしましょう。風水上好ましくない土地は、三角形の土地、水はけの悪い土地、過去に悲劇的な事件があった土地などです。

間取りを考える際に家相上好ましい方位と好ましくない方位について

家相のいい家にするには、間取りを考える際に家相上好ましい方位と好ましくない方位について知っておくと参考になります。一番重要なのが玄関の方位で、東南、東、南、西北の順番で吉相になります。

ダイニングやキッチンは朝日が差し込む東南がベストで、住人に活力を与えてくれます。火を使うキッチンの方位は玄関に次いで重要と考えられており、東北、西南、南、西は避けます。

寝室の間取りを南の方位にすると陽あたりがよすぎるため、心身を休めるには不向きとされています。

浴室と洗面所は東北と西南を避けるようにします。トイレに避けたい方位は東北と西南で、無難な方位は西、北、東です。しかし、方位の吉凶にばかりこだわり過ぎても動線がバラバラになって生活しづらくなることもあります。自分の中で折り合いをつけながら間取りを考えましょう。

鬼門と裏鬼門について

家相を気にする人の多くは、家づくりの際に鬼門と裏鬼門をチェックするようです。鬼門は、方角でいうと北東で、裏鬼門はその反対の方角で南西になります。この鬼門と裏鬼門をいつも清潔に保っておくことで、気の通りがよくなります。

鬼門や裏鬼門は、古代中国の思想で鬼(邪気)がいる方位とされてきました。鬼門や裏鬼門に当たる場所をきれいにしておかないと運気が下がり、物事がうまく進まなかったり、予期しない出来事が起きることがあると言われています。

北東または南西が物置になっている場合や、北東や南西に「欠け」(その部分だけ部屋がない状態)があると、トラブルが起こることが多いともいわれています。いったん物置などを設置してしまうと移動するのにも面倒なので、鬼門や裏鬼門の方角に当たらないか確認しておくようにしましょう。

風水を取り入れよう

一般的に風水は土地環境を、家相は住環境を言いますが、土地選びも住居の間どりもすべて納得がいくような家は、なかなか手に入るものではありません。風水や家相にこだわりすぎると、かえって使い勝手の悪い間どりになってしまいます。なるべく好ましくない方位や間どりを回避しながら、暮らしやすいマイホームを手に入れましょう。

おすすめ記事

【家づくりのこと】やっぱり気になるマイホームの基本風水

【家づくりのこと】やっぱり気になるマイホームの基本風水

【暮らし】これってNG!?知っておきたい玄関風水①

【暮らし】これってNG!?知っておきたい玄関風水②

TEL

来場予約

お問い合わせ